コミュニケーションエラーから起きるインシデントを防ぐ2つのポイント

看護師,インシデント
看護ログ
アドバイザー鈴子

こんにちは♪
看護ログのスペシャルアドバイザー
看護師歴25年の鈴子です(*'∀'*)

今日は、インシデントをよく起こしてしまう新人看護師さんからのお悩み相談です。

インシデントが続くと「自分はなんて仕事ができないんだ」と感じて落ち込んでしまいますよね。

本当は看護師として毎日かっこよく業務をこなしていきたいのに、現実は些細なコミュニケーションエラーを起こしてばかり……

でも、業務に些細なポイントを追加するだけでインシデントを起こす回数をぐんと減らすことができるんです。

この記事では、コミュニケーションエラーから起きるインシデントを防ぐ2つのコツを紹介します。

あなたの日々の業務の質がさらに良くなる内容となっているので、ぜひ読んでみてくださいね。

Q.インシデントの回数が減りません。どうすれば防げるでしょうか?

看護師歴3年 24歳 神奈川県

看護師3年目ですが、他の同期に比べてインシデントが多いような気がします。自分は感情が仕事に出やすく、焦りやすいです。

インシデントを起こしてしまうと仕事に対してのモチベーションが下がってしまいます。

これは私の性格なのですが、焦るとやらなければならないことを忘れてしまうときがあります。

また、リーダー看護師から依頼された業務のやり忘れをしてしまい、次の勤務の人が発見し迷惑をかけてしまうこともあります。

どんどん後輩ができるのにいつまでもしっかりしてないなと落ち込んで看護師を辞めたいと思うことが増えてきました。

なるべく落ち着いて働き、インシデントの回数を減らしたいと思います。どうしたらインシデントの回数が減るでしょうか?

1. とにかくすべて「メモ」を取る

看護師,インシデント

まずは業務中、どんな些細なことでもメモをすることを意識しましょう。そして、やり遂げたらチェック。

「そんな簡単なこと!?」と思うかもしれません。しかし、目で見て瞬時に業務を一望できるようにすると、凄く便利になるのです。

業務が終わってから「あれ?何かやり残してる仕事ないかな?」と不安になったことはありませんか?

業務のやり忘れや言われた業務が抜けてしまうあなたには、まず、業務を整理して思い出すという作業を普段の業務にプラスしてみましょう。

実は、私も口頭で言われた点滴の流量変更や、夜勤で変更になった内服薬の与薬忘れなどのインシデントをたくさんしてきました。

どうして自分は他の人みたいにできないんだろうと落ち込んで泣いたことも、1度や2度ではありません。

そんな経験を経て、「全部業務を書き出して、確認作業をしていけばいいんじゃないか」ということに気が付きました。

他の同期と比べて、文字で全部真っ黒になっている私の版。忙しい業務の中でいきなり指示が飛んでくるので殴り書きのようになってしまってもいいんです。

たったそれだけのことで、格段にインシデントを起こす回数が減りましたよ。

2.言われたことは「復唱」して脳に記憶させる

コミュニケーションエラーを起こさないように、医師やリーダーからの口頭での指示は絶対に復唱しながらメモを取るようにしましょう。

もし、不安に思ったときは、怒られることを恐れずにもう一度確認するようにしましょう。(けっきょく怒られることはほとんどありませんが、当時はびくびくしながら聞いていたことを覚えています。)

復唱することによって指示を出した相手に理解しているかどうか伝えることができるし、声に出して音で認識することによって脳に記憶されやすくなりますよね。

そして、先ほどお伝えしたメモで視覚からも記憶する。この2つを併用することによって、業務のし忘れをぐんと減らすことができるのです。

仕事ができない新人看護師の心が楽になる考え方|10年先輩からのアドバイス
新人看護師のみなさん、たくさんの患者さんを受け持ちに抱えて、忙しい日々を送っていますか? こんにちは!現役看護師のハジメです。 新人のこ...

まとめ

看護師,インシデント

私はあるときから、インシデントの数が一気に少なくなりました。それは、自分の弱点と向き合い、カッコ悪くてもひたすらメモを取ること、そして復唱することでコミュニケーションエラーやインシデントを減らすことに成功したのです。

同じようにコミュニケーションエラーやインシデントを起こして落ち込んでしまっているあなたにも試してもらいたいなと思います。

インシデントが減ると看護師としての信頼度がグッと上がり、あなたの仕事のモチベーションも上がりますよね。

ミスをすることは、人間誰しもあることで避けられないのが事実です。

しかし、自分の意識で回避できるミスは積極的に回避していくことで、精神衛生にもいいのです。

明日からの業務でぜひ試してみてくださいね。